tsudoi.net旅行記 >> 東南アジア旅行記 第1話 食のベトナム

第1話 食のベトナム

8月3日

16:00。今、バンコクの空港でホーチミン行きの飛行機を待っている。トランジットは初めてだ。ただ待つのみ。

20:30。ホーチミンに到着。空港でとりあえず1万円だけ両替。
1万円=1,150,000ドン
115万!?
金銭感覚がおかしくなりそうだ。プチ富豪気分。
ヒッタイト市場 タクシーでホテルまで向かった。旅行ではいつも到着1泊目だけはホテルを予約し、
後は現地に着いてから気が向いたところに泊まることにしている。行き当たりばったりの方が楽しい。

ホテル到着。とりあえずどこかでサクッと飯を食いたいので、早速外出した。
意外に食べるところが見当たらない。タイと違ってコンビニが1つも無かった。 おっとケンタッキー発見!
初日はハンバーガーセット(30,000ドン)で済ますことにし、メニューの中から指差して選んだ。
「No.8 please.」
「No.8. O.K. ウィッチキン?」
何?ウィッチキンって何だ?
何度か店員に聞きなおしてようやくわかった。
「with chicken」
のことだった。ベトナムではいろいろな人の英語を聞いたが、どうも発音がわかりにくい。
特に、「th」の発音が苦手な人が多く。「three」は「トゥリー」と聞こえる。え?Tree?木?と何度も聞きなおした。
「ティッチャー」=「teacher」、「スップ」=「soup」だった。日本人の英語も聞き取りにくいのだろうが、
ベトナム人の英語も相当ひどい。おそらく、発声の仕方が母国語と英語で全然違うのだろう。
ベトナム語は比較的声が高く、少し弱々しい発音の仕方をする。
その分、女の子の喋り方はかわいらしい。自然と性格も温厚に思える。

23:00。時差の関係で2時間長く起きているため、今日はもう寝よう。Good night.


8月4日


雨宿り 8:00。ホテルで朝食をとり、ホーチミンの街へと繰り出した。
とりあえずフォム・グー・ラオ通りへ行き、今日泊まる安宿を探す。
途中、日本語を話すバイタクのおっさんが声をかけてきた。日本人に書いてもらった手帳を見せてきて、俺を信用してくれ、
と言う。でもバイタクに対して少々抵抗があったし、まずは自分の足でホーチミンの街を歩きたかったので断った。
しかし、実際に歩いてみると、これが地図で見るよりけっこう遠い。
そして何だ!?このバイクの多さは!?
HONDA、HONDA、HONDA。

どのバイクを見てもHONDA製。たまに中国メーカーのバイクも走っているが、とにかく多い。半端なく多い。
車はバイクに比べて少なかった。
そらそうである。こんなにバイクに走られたら危なっかしいし、激混みするし、車なんかに乗ってられるか!!


またバイタクの兄ちゃんに声をかけられた。今度は英語で話しかけてくる。例の聞き取りにくい英語で。そして同じように日本人に書いてもらった手帳を見せてくる。が、これも断った。
それにしてもベトナム人はみんないい人そうに見えるので、断るのは心苦しい。
やっと目的の宿に到着。ファン付で1泊US7ドル。今日はここに決定。

10:00。少し落ち着いてから再び出発。まずはマーケットを目指す。
と、またさっきの英語のバイタクの兄ちゃんに遭遇。けっこう歩くと距離があることがわかったので、
この兄ちゃんと契約することにした。1日US 10ドル。


ヒッタイト市場
旧大統領官邸 タイのウィークエンド・マーケットに行ったことがあるので、特にマーケットの賑わいに驚きはなかった。
赤い腕時計を購入。US 11ドル。それと
ベトナムといえばやっぱりコレ!アオザイ!
友達の女の子のために青いアオザイを買った。
本来なら何十箇所も寸法を正確に測るものらしいが、その友達は日本にいるので
かわりに背丈が同じぐらいの店員の女の子に合わせてもらった。US 45ドル!高い。

しかし、とにかくホーチミンはバイク天国。ホンダドリーム号、ホンダドリーム号、である。
あんな運転しとったら事故るっちゅーねん!
・・・って、ほんまに事故や!!
事故の瞬間は見ていないが、20歳ぐらいの青年が跳ねられて倒れていた。周りのベトナム人たちが集まって介抱している。
加害者は見当たらなかった。命に別状は無さそうなのでよかったが、Very dangerous!

また雨・・・。ホーチミンに入ってから雨ばかり降っている。予想に反し、夏なのに少し肌寒かった。
雨宿りも込めて近くの店により、ベトナムコーヒーを飲む。
ベトナムコーヒーの飲み方は、詰めに詰めまくった氷の上に、濃厚なコーヒー、さらに練乳を入れて飲む。
これはかなりうまい!!はまります。

以後、ほぼ毎日ベトナムコーヒーを飲んだ。

旧大統領官邸
昔大統領が住んでいたらしい。かなり豪華な建物で、庭園には戦車も展示されている。特に面白くはなかった。


戦争証跡博物館
ここはベトナム戦争に関する博物館である。
庭には戦車や大砲、戦闘機、・・・。館内は、数々のベトナム戦争時の写真や使用された武器。
枯葉剤による奇形児のホルマリン漬け、ナパーム弾の被害にあった人の写真、
拷問を受けている人の写真、当時の監獄の再現もあった。
衝撃的である。何の罪もない村人たちを皆殺し。やり方はこうだ。
まずは村の周囲に爆弾を大量投下。村人が逃げられないようにして、その後、内側にこれでもかというぐらいに爆弾を投下する。
それでも尚、生きのびた人を殺すために、更に地上で防空壕の中にも爆弾を投げ入れる。
防空壕の中からはたくさんのうめき声が聞こえていた。
そんな内容のことが書いてあった。そこまでする必要があるのか!?何のために殺す!?
逃げ惑うベトナムの子供たち。
1人の米兵が、爆弾で胸から上だけが残った子供の頭を持ち上げている写真。
この男は鬼か。


アメリカに対してとてつもなく腹が立った。この子たちが一体何をした!?
戦争は人を人でなくさせるようだ。
No more war!No more war!!
しばらくショックが抜けなかった。バイタクの兄ちゃんに対して作り笑顔もできなかった。
しかし、冷静になれ。写真に踊らされすぎるのもよくない。
逆に北ベトナムが米兵や南ベトナムに対して行った行為は一切写真が展示されていない。
地元の人たちに聞くと、同じような残虐行為をやっていたらしい。
戦争はいつでも勝った側が正義になってしまうのだ。


ダイ・ヤック寺
仏様ここの目的はただ1つ!
ええ味だしてるこの仏様と1ショット!
こういう仏様のほうが幸せになれるような気がするのは僕だけだろうか??

腹が減ったのでそろそろ晩飯にしよう。
安く抑えたかったのでバイタクの兄ちゃんに案内してもらい、地元の人が食べるローカル食堂に行った。
生春巻(あんまうまない)、エビせん(うまい)、魚肉ソーセージ(かなりうまい!)
ここで
ビアホイ
というものに初めて遭遇した。
ビールの炭酸抜き、味薄めで氷をたっぷり入れて飲む。暑いときにはこれがうまい!
しかし何といってもその値段!激安!
7000ドン=約60円で2リットル!!

ちなみに生春巻は5本で9000ドン=約80円。
大満足のdinnerだった。

19:00。宿に戻った。
バイタクの兄ちゃんはめちゃめちゃいい人だったので、ホーチミンに滞在する3日間はお世話になることにした。
明日の待ち合わせをして別れた。
20:00。再び、夜のホーチミンを散策。治安は全くもって心配なさそうだ。
欧米人が昼間よりも多い気がするが、ベトナムに来てから日本人にはまだ一度も会っていない。
屋台にはいろいろなものが売っていた。さっき夕食を食べたところだが、さらに食す。
肉まんとおばちゃん 肉まんを発見!!
ここは中国か!?と一瞬思う。
さすがベトナム。昔中国の一部だっただけに、中華料理も食べられる。
更に、フランスの植民地だったこともあるため、フランス料理の影響も受けている。

肉まんは5,000ドン。これはかなりうまい。日本の肉まんよりも中の具がいっぱい詰まっている。
そしてまた店員のおばちゃんがかわいらしく、カメラを向けると相当照れていた。
その後クッキーみたいなものを屋台で買って食べた。

23:00。明日も早いので今日はこのぐらいで帰ろう。インターネットカフェに立ち寄り、宿に戻った。途中、いろいろな人に声をかけられた。何を言っているのかよくわからなかったが、
たぶん「葉っぱ」、「女」という意味のようだった。さらに宿に戻ると、
「電気つけないでね。警察が来るから。」
と、フロントのおじさんは言う。しかも日本語。
怪し過ぎる!!・・・恐らく、売春の取締りではないかと思う。
23:50 Good night
明日はモンキー・アイランドへ向かう。
第2話 モンキーアイランドへ
第2話 モンキーアイランドへ

tsudoi.net旅行記トップページに戻る

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー